高く売る方法

農機具を処分するのであれば、処分料金を払わず、逆に売却することで現金を得られる中古農機具の買取という方法があります。中古農機具専門の買取メーカーは、日本だけでなく世界、特に発展途上国を中心に農機具を提供している商社ともパイプを持ち、国内外に古くなった農機具を供給しています。そのため、日本国内では価値の持っていないものでも、買取することが可能です。

しかしながら買い取ってもらうのであれば、高く買い取ってほしいと思うのは当然のことです。農機具の査定価格を決めるにあたって大きな要素としてはまず、年式とメーカーです。当然新しいものであればあるほど、買取価格も高いですので、いらない農機具がある人は早めに売ってしまったほうが良いでしょう。手入れをきちんとすることも、高く売ることの秘訣です。さらには、播種機や収穫に関する機械など季節限定でしか使わないものについては、その季節より前に出品することで、高く買い取ってもらえることがあります。どの農機具が価値があるのか自分ではわからない場合も多いですので、使っていない農機具は売れそうにないものでもまずは査定をしてもらうことを推奨します。思わぬものが高値で売れることがあるからです。

農機具買取方法

使わなくなった農機具は、買取をしてくれるという専門の業者があります。業者にもよりますが、その対象範囲はとても広く、部品も販売していないような旧式のものや、エンジンが動かない場合でも買取対象になることがあります。

なぜなら、特に日本の農機具は信頼があるため、発展途上国を中心に今なお使用されている場所があるからです。修理すれば使える農機具であればまた使うことができますし、そうでなくても部品単位で売るということもできます。日本製の農機具の良さが日本内外で見直されている今だからこそ、より買い取ってくれるチャンスがあります。

使っていない農機具を買い取ってもらう場合は、インターネットなどで農機具買取の専門業者を探すことが先決です。いきなり買取をお願いするのではなく、何社か査定しておき、自分の農機具を最高の価格で売ってくれるような業者を見つけるとよいでしょう。いち早く売りたいという場合は、一番自分の住んでいるところに近いところに売るという方法もあります。どの業者に売ればよいのかわからない場合は、インターネットで買取価格の一括査定サイトを探し、それを利用するという方法もあります。すぐに買取業者を見つけられ、便利です。

農機具の処分方法

古くなった農機具を処分するのは、一見大変なことです。戦後、農地改革により自作農が増え、その後農業生産量が伸びてきたため、農機具をこれまでのように共通で所持して使用するのではなく、一家に一台持つようになりました。大多数の農家は、農機具専用の倉庫を持ち、そのなかにトラクターやコンバインなどを持っています。

ところが最近では、農家の高齢化などで農業を廃業する人が少なくありません。農地を整理することにより規模を縮小する農家もいます。そのようなときに発生するのが、古い農機具の処分です。農業を廃業するときはもちろんのこと、新しい農機具に買い替えるときも古い農機具を処分するという問題があります。

農機具を処分しなければならない、そうなったときに思いつく方法が購入店で引きとってもらうことだと考えられます。しかし、古いものでは購入店で引き取ることができなかったり、購入店すらわからないというケースもあります。どのようにしたらよいかわからない時には、農機具買取専門業者に買い取ってもらうという方法があります。

日本製の農機具はとても優秀ですので、たとえ古い年式のものでも買い取ってもらえます。特に発展途上国を中心とする海外では、農業を効率化するためにも日本製の農機具を求めている人が増えているためです。国内で新規就農を考えているという市場もあります。ですので、農機具の処分を考えるときに、買取を考えてみるとよいでしょう。当サイトでは、農機具の処分についてさらに詳しく解説しています。