農機具の処分方法

古くなった農機具を処分するのは、一見大変なことです。戦後、農地改革により自作農が増え、その後農業生産量が伸びてきたため、農機具をこれまでのように共通で所持して使用するのではなく、一家に一台持つようになりました。大多数の農家は、農機具専用の倉庫を持ち、そのなかにトラクターやコンバインなどを持っています。

ところが最近では、農家の高齢化などで農業を廃業する人が少なくありません。農地を整理することにより規模を縮小する農家もいます。そのようなときに発生するのが、古い農機具の処分です。農業を廃業するときはもちろんのこと、新しい農機具に買い替えるときも古い農機具を処分するという問題があります。

農機具を処分しなければならない、そうなったときに思いつく方法が購入店で引きとってもらうことだと考えられます。しかし、古いものでは購入店で引き取ることができなかったり、購入店すらわからないというケースもあります。どのようにしたらよいかわからない時には、農機具買取専門業者に買い取ってもらうという方法があります。

日本製の農機具はとても優秀ですので、たとえ古い年式のものでも買い取ってもらえます。特に発展途上国を中心とする海外では、農業を効率化するためにも日本製の農機具を求めている人が増えているためです。国内で新規就農を考えているという市場もあります。ですので、農機具の処分を考えるときに、買取を考えてみるとよいでしょう。当サイトでは、農機具の処分についてさらに詳しく解説しています。